HOME>記事一覧>廃車にする前に査定へ出す【事故車をお得に処分する方法】

廃車にする前に査定へ出す【事故車をお得に処分する方法】

タイヤ

事故車の賢い処分方法

万一、所有している車で事故を起こしてしまってその車が事故車となってしまった場合、買取ができる場合もあります。ですから、一度査定へ出してみましょう。しかし、損傷の程度によっては廃車処分にする必要がでてくることもあるでしょう。廃車処分をする場合は必要な書類を揃える必要があります。ただ、廃車処分やそれに伴う査定を依頼する際に必要となる書類について、また賢く処分するための方法は経験がないと分からないものです。ですから、これらを頭に入れてから賢く処分をしていくべきです。

廃車処分で必要になる書類一覧

事故車

廃車処分する車の所有者の委任状

委任状とは、当事者が自分で申請手続きをできない場合に、指定した代理人に委任して申請をしてもらうための書類です。所有者の実印が押印されている必要があります。この実印は、印鑑証明書に押印されている実印と同じものでなければいけません。

発行日から3ヶ月以内の印鑑証明書

印鑑証明書は、住民登録をしている市役所で交付してもらえます。交付は無料ではなく手数料がかかります。廃車処分の書類として使う印鑑証明書は、発行日から3ヵ月以内でなければいけません。発行日から3ヶ月以上経過している印鑑証明書は、廃車処分の必要書類としては無効なので注意しましょう。

「解体の報告記録がされた日」と「移動報告番号」をメモした物

移動報告番号とは、引取証明書に記載されているリサイクル券番号のことです。解体報告記録がされた日というのは、対象の車の解体が完了した日を示すもので、解体通知書に記載されています。この2点を控えたメモ書きが必要となります。

廃車処分する車の車検証

車検証は対象の車が国が定める基準に適合していることを証明するための書類です。車検証が手元にない等、何らかの理由で車検証が用意できない場合は、理由書が必要となります。また車検証に記載されている住所もしくは氏名が印鑑証明書と異なる場合は、別途書類が必要となります。

広告募集中